2020年1月

2020年1月22日(水)

第二回 企業視点のオープン or クローズ就労の実際 ~ メリットとデメリット ~
   【大学の就活支援担当者、キャリアコンサルタント向け】

内容

精神・発達障がいのある方が就職活動をする場合、障がいのあることを企業に開示して働くオープン就労か、非開示で働くクローズ就労かを選択することになります。

今回のセミナーでは、オープン就労/クローズ就労それぞれの持つメリットやデメリットを雇用者側からの視点でご紹介いたします。

 

例えば…

【障がい者採用(オープン)と一般採用(クローズ)の違い】

  • そもそも障がい者採用と一般採用の違いは何か?

【オープン就労のメリット】

  • 障がいに関する情報を周囲と共有ができ、協力や理解を得られやすい。
  • 多様性のある職場作りのきっかけとなる。
  • 職場の理解を得て安定的な勤怠に繋げることが可能になる。

【クローズ就労のメリット】

  • 仕事の幅を広げることができる。
  • 将来に関するキャリアビジョンを描きやすくなる。
  • 特性を活かし、チャレンジ次第で収入を上げることができる。

 

精神・発達障がいのある方の就職支援に携わるとき、「精神障害者福祉手帳」を所持して障がい者枠で就職をするか、もしくは通常の就職活動として一般枠で就職するか、悩む場面が少なくないと思います。

そこで「そもそも障がい者採用(オープン)と一般採用(クローズ)の違いは何だろう?」という疑問から、企業視点でオープン or クローズで就職するメリット、デメリットについて事例を挙げながら解説します。

また「手帳取得はしていないけれど、もしかしたら?」という就職相談者に対して、どのような支援ができるか、障がいのある方や困難を抱える方の就職支援担当の方に、ぜひ参考にしていただきたい必見のお悩み解決セミナーです!

 

当日の流れ

【前半】そもそも障がい者採用と一般採用の違いは何か?

【後半】障がい者採用(オープン)と一般採用(クローズ)のメリット・デメリット

 

 

講師

講師の写真

MS&ADアビリティワークス 事業部マネージャー

山口 綾子

 

三井住友海上あいおい生命保険株式会社において、人事総務部に所属し、採用・社員相談・事業所内保育園立ち上げ等の女性活躍推進事業の業務を担当した後、キャリアコンサルタントおよびメンタルヘルスカウンセラーとして独立。

大学や行政機関で障がいのある方を対象としたカウンセリングや研修講師業に取り組む。

本年よりMS&ADアビリティワークス株式会社にて、精神および発達障がい者を中心とした採用業務や雇用管理手法の検討、大学等教育機関との研究・調査業務に従事。

 

 【主な講演活動】

2018年 東京労働局  職業訓練事業講話「メンタルヘルス・障がいのある働く人への対応」

2019年 駒沢女子大学 教職員向けFD研修「困難を抱える学生の就労支援」

2019年 日本キャリア・コンサルタント協会主催セミナー「精神・発達障がい者の就職について」

 

 

開催概要

日時

2020 年 1 月 22 日 (水)  15:00 ~ 16:30 ( 開場 14:30 ) 

会場

MS&ADアビリティワークス A会議室

(東京都中央区新川一丁目26番9号 新川イワデビル7階)

地下鉄日比谷線 「茅場町駅」1出口から徒歩10分

地下鉄東西線  「茅場町駅」3出口から徒歩10分

地下鉄日比谷線 「八丁堀駅」B4出口から徒歩10分

JR京葉線    「八丁堀駅」B4出口から徒歩10分

対象者

大学の就職支援担当の方、キャリアコンサルタントの方、他

定員  8 名(受付先着順)
費用 無料

 

 

お申込み方法

 

【定員に達したため、お申込みを締め切りました】

 

 

お申込み期間

受付終了

 

キャンセル方法

セミナー当日の12:00までに、お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

 

お問い合わせ先

MS&ADアビリティワークス株式会社

(東京都中央区新川一丁目26番9号 新川イワデビル7階)

担当:事業部 遠藤、山口

 

下記お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

 

 

次回以降のセミナー予定   ※次回以降のセミナーの日時、テーマは変更になる場合があります。

 

2020年2月  講師:山口綾子(MS&ADアビリティワークス事業部マネージャー)

第三回 企業視点のオープン or クローズ就労の実際 ~メリットとデメリット~【就職・転職者向け】

 

 

ページの先頭へ戻る